読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1か月間の遠泳

確定申告が始まっていますね。会計事務所で働く僕にとって、現在繁忙期の真っ只中です。時間が足りない中無理矢理学校にも通っているので、ここから1か月は休みがありません。ワークとライフのバランスがいちばん崩れる季節です。

他の仕事に追われてなかなか確定申告に手を付けることができず、ただただ積み上がっていく仕事の山。そんな仕事の山をずっと見つめているとどうにかなってしまいそうなので、そこから目をそらす努力が必要です。せめて家にいるときぐらい、パチッとスイッチをオフにして、頭を休めなくてはなりません。もやもやとざわざわを消し去らなくてはなりません。

でも、それはなかなか簡単ではありません。夢の中でも仕事をしている自分がいます。仕事のことが常に頭の片隅に、いやど真ん中に、堂々と居座っています。

家で何を考えたところで、物事が前に進むわけではない。何を思い悩んだところで、物事が解決するわけではない。どろどろと渦巻く不安の中、行ったり来たりするだけ。それは十分わかっているのですが、どんなに努力して遠く離れようとしてみても、気がつけばまたどろどろの中に逆戻り。

そんな季節に溺れそうになりながらも、なんとかうまく息継ぎをして泳ぎきろうとしている僕です。きっと1か月後には、向こう岸にたどり着いているはずです。

スイッチオフ

ひとまず思考を停止しよう

スイッチをオフにしてみよう

好きな音楽でも流して

締めすぎたねじを緩ませて

 

あれやこれやと不安なこと

次から次へと浮かぶけど

大きく深呼吸をして

ひとつひとつ片付けていこう

 

きっとなんとかなるだろう

これまでだってそうだった

いろんなことがあったけど

それなりになんとかなってきた

 

もっと遠くから見てみよう

目の前をふさいでいたものが

きっとちっぽけに見えるはず

大した問題じゃないって

完璧主義の沼

自分の中の完璧主義に足を取られて前に進めないってこと、よくあります。もちろん、すべてのことが完璧にこなせるわけもなく、人から見れば「なんて雑なの」って思われる部分もいっぱいあると思います。ただ、自分が気になってしまう部分に関してだけ意味もなく完璧を求めて、いつも自分で自分を苦しめているような気がします。

仕事にしても、自分で決め直したルールを過去に遡って当てはめて修正して、そんな意味のないことにたくさん時間をかけてしまう。

勉強にしても、たとえしっかり理解していたとしても、問題集を1ページ目からすべて潰していかないと気が済まなかったり。

家のことにしても、自分の手で慣れないDIYをして素人レベルのものを作るくらいなら、プロにお願いするか、完成品を買いたい。人がやったことなら、完璧でなくても構わない。

常に0か100かで物事を考えてしまう傾向があり、買ったばかりのものに小さな傷がついて自分でもびっくりするほど落ち込むというのも、きっとこういった考え方のせいなんだと思います。趣味とか、人間関係についても影響があるかもしれません。

最近こういう完璧主義な思考の無意味さがよくわかってきて、別に完璧じゃなくても構わないから、前に進むことが大事だって強く感じています。すぐに性格を直すことはできないけど、何に対してもある程度のところで「まあいいや」と思う気持ちを大事にしていきたいです。時間は無限にあるわけではないので。

そろそろそれなりのものを

もともと時計にあまり興味はありませんでした。それでもそろそろそれなりのものを身に付けないとってずっと考えていました。もう30代の大人なんだし。

興味がないとはいえ、好みは一応あって、ごちゃごちゃしたデザインよりもシンプルなものを好みます(これは時計に限らずなんでもそうです)。日付はあると便利だから欲しい。文字盤は白で。手首が細い方なので、サイズはそんなに大きくない方がいい。

また、時計は趣味としてではなく実用的に使いたいので、すぐに時間がずれるようなものは嫌。だから、機械式ではなくてクオーツがいいと考えていました。

そんなとき出会った、この時計。

https://www.instagram.com/p/BQNu_M7hqng/

グランドセイコーのSBGX059。去年の12月に買いました。「最高の普通」というブランドコンセプトの通り、一見地味で、わかる人にだけわかる感じが気に入っています(でもやっぱり時計好きな人はすぐに気付きますね。買った日の翌日、初めて職場に着けていったらすぐに食い付かれました)。仕事で何か嫌なことがあっても、この時計を眺めてたらいくらか回復できそうです。

シンプルなので、なかなか飽きも来ないと思います。今のところ他の時計を買う予定はなく、ずっと使い続けたいと思っています。一生ものですね。

こういう高級な(少なくとも僕にとってはだいぶ高級です)時計を買ったことがなかったので、買ったばかりの頃はほんの少しの傷でひどく落ち込んでいました。これから末長く付き合っていくんだから、そんな小さなことにいちいちくよくよしていてはやっていけないのに。今では更に細かい傷が増え、わりとどうでもよくなってきています。図太くなりました。

ふとん

朝 あたたかなふとんから

やっとの思いで這い出して

電車の中でもうとうとと

夢の世界へ帰ろうと

 

苦いコーヒーを飲み干して

重いまぶたをこじ開けて

昨日もぐっすり寝たのにな

朝からあくびが止まらない

 

誰かと話をしていても

難しい顔をしていても

頭の中ではいつだって

ふとんに思いを馳せている

 

お腹いっぱいの昼下がり

睡魔と闘ってるうちに

いつの間にやら日は落ちて

足早に家路を急いだ

 

ふかふかのふとんが待っている

疲れたからだを受け止めて

パジャマに着替えて飛び込め

すべてを投げ出して飛び込め