ふとん

朝 あたたかなふとんから

やっとの思いで這い出して

電車の中でもうとうとと

夢の世界へ帰ろうと

 

苦いコーヒーを飲み干して

重いまぶたをこじ開けて

昨日もぐっすり寝たのにな

朝からあくびが止まらない

 

誰かと話をしていても

難しい顔をしていても

頭の中ではいつだって

ふとんに思いを馳せている

 

お腹いっぱいの昼下がり

睡魔と闘ってるうちに

いつの間にやら日は落ちて

足早に家路を急いだ

 

ふかふかのふとんが待っている

疲れたからだを受け止めて

パジャマに着替えて飛び込め

すべてを投げ出して飛び込め