読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完璧主義の沼

自分の中の完璧主義に足を取られて前に進めないってこと、よくあります。もちろん、すべてのことが完璧にこなせるわけもなく、人から見れば「なんて雑なの」って思われる部分もいっぱいあると思います。ただ、自分が気になってしまう部分に関してだけ意味もなく完璧を求めて、いつも自分で自分を苦しめているような気がします。

仕事にしても、自分で決め直したルールを過去に遡って当てはめて修正して、そんな意味のないことにたくさん時間をかけてしまう。

勉強にしても、たとえしっかり理解していたとしても、問題集を1ページ目からすべて潰していかないと気が済まなかったり。

家のことにしても、自分の手で慣れないDIYをして素人レベルのものを作るくらいなら、プロにお願いするか、完成品を買いたい。人がやったことなら、完璧でなくても構わない。

常に0か100かで物事を考えてしまう傾向があり、買ったばかりのものに小さな傷がついて自分でもびっくりするほど落ち込むというのも、きっとこういった考え方のせいなんだと思います。趣味とか、人間関係についても影響があるかもしれません。

最近こういう完璧主義な思考の無意味さがよくわかってきて、別に完璧じゃなくても構わないから、前に進むことが大事だって強く感じています。すぐに性格を直すことはできないけど、何に対してもある程度のところで「まあいいや」と思う気持ちを大事にしていきたいです。時間は無限にあるわけではないので。