読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文化系の独白

Gが嫌いです。心の底から嫌いです。消えてなくなってしまえばいいのにと思っています。ごめんなさい。その言葉を耳にするだけで、鼓動が早くなったりいやな汗をかいたりします。なんでこんなにいやなんでしょう。好きになれたらどんなにいいでしょう。たぶんこれが今生きていていちばんのストレスです。

Gのせいで、今後僕の人生が大幅に狂う可能性があります。そうなったらそうなったで、仕方ないのかもしれません。僕にはどうしようもないことです。

同じように嫌いだっていう人も中にはいるのでしょうが、特に僕の職場では僕以外の人はみんな好きみたいです。恐ろしいことに、職場の恒例行事になっていて、年に数回、僕も強制的にやらされます。やらないと責め立てられるので。そのたび、心身ともに激しく蝕まれます。みんなの視線といらいらを痛いほど感じるのです。

試験のあとにGが控えていたことがあって、そのせいで試験前日に39度の高熱が出て、当日も熱が下がらず、ふわふわした頭で受験して、そのあと病院に直行して点滴を受けたということもあります。また、Gの日の朝、集合場所へ車で向かっていたら、突然胸の辺りに激しい痛みを覚え、呼吸すらままならなくなったなんていうこともあります。

そもそも、運動自体が苦手なんです。好きではないんです。やることも見ることも。うまくいかなくたって、悔しくもなんともないんです。昔からそうなんです。競争したくないんです。学校を卒業したら、体育ってしなくていいものと思っていました。そうではなかったみたいです。残念です。

みんなで何かひとつのことをするということもあまり得意ではないみたいです。社会性がないと言われてしまえば、それまでなんですが。そんな人間なんです。諦めてください。

叶わない願いではありますが、あの素敵な大自然の中で、吐き気を催すようなことはもう二度としたくないです。