迷走の果て

先日「完結」を発表したチャットモンチーの曲に、「three sheep」という曲がありまして、その歌い出しが、

新しいノート開くのが好きでね

何書こうかな 真っ白なページにって

というものなんですが、この2行の歌詞がとても好きです。なぜなら私もそうだからです。特に新しい手帳を開くのがとても好きです。

今年もまた新しい手帳に悩む季節がやってまいりました。何年かずっと同じ手帳を、仕事とプライベートを分けずに使ってきたのですが、昨年から仕事用にシステム手帳を使い始めまして、プライベート用には能率手帳を使っていたのでした。シンプルな見た目に惹かれて。

しかし、ずっとそれまでバーチカルの手帳を使っていたからか、どうも僕にはレフト式がうまく使いこなせなかったのです。残念ながら。

それで、来年はまたバーチカルに戻そうと思いました。そのとき、ふと思い浮かんだのが、ジブン手帳。毎年手帳売り場でその存在が気になりつつも、ちょっと派手だという理由と、サイズが大きいという理由で、購入には至りませんでした。

昨年、色が大人しめなジブン手帳Bizというのが登場しました。少し心が動きましたが、やはり持ち運ぶにはサイズが大きすぎると思い、購入には至らず。そうしたらなんと、今年そのBizにminiサイズが登場したのです。

f:id:aotch:20171202104733j:image

買わない理由がなくなってしまいました。一緒に、僕がジブン手帳に惹かれていた理由のひとつである「LIFE」(自分の一生を記録できる)と、公式ガイドブックも購入しました。

早速「本リスト」のページに、買ったけどまだ読んでいない本を書き出しました。きっと読まないまま忘れてしまったかもしれないなという本が何冊かありました。ジブン手帳を買ってよかったと心から思いました。

後日、ジブン手帳専用のインデックスも買いました。それをスターバックスでうきうきしながら貼っていたら、このインデックス、なかなか粘着力が凄まじくて、誤ってページのど真ん中に少しだけくっついてしまい、それを剥がしたら、びりびりって紙ごと剥がれてしまったのです。

スターバックスにて、その破れた紙面を凝視したまま僕は少しの間固まっていました。そのとき、ジブン手帳に対する熱がサーッと嘘みたいに冷めていくのがわかりました。

そして、僕はジブン手帳を使わないことに決めたのです。

もうひとつ、ずっと気になっていた手帳がありました。NOLTYのリスティ1という手帳です。こちらもジブン手帳と同じくバーチカルで方眼。そのためか、この二つの手帳が比較されているのをよく見ます。

店頭にはあまりなくて、たまに見つけても渋い感じの黒しかありませんでしたが、amazon限定でキャメルがあると知り、それを購入しました。

f:id:aotch:20171202105749j:image

ジブン手帳に比べ、内容は至ってシンプル。年と月と週とメモのページのみ。

マンスリーページをすぐに開けるように、チラットINDEXを貼ってみました。

f:id:aotch:20171202105851j:image

本のリストは最後のメモページに自分で線を引いて書こうと決めました。ジブン手帳のガントチャートに書こうと思っていたことも、同じように線を引いて書こうと決めました。もう、2018年はリスティ1で行くものだと思っていました。ばっちりINDEXまで貼ったし。

それなのに。

ご覧ください。

f:id:aotch:20171202110655j:image

いちばん右にあるのは。そうです、ジブン手帳miniのファーストキットです。「DIARY」と「LIFE」と「IDEA」がセットになっているものです。あれほど嫌がっていた、派手なやつです。昨日、東急ハンズにて購入いたしました。

リスティ1は大きすぎて(A5スリム)いつも休日に使っているバッグに入らなかったのです。あと、ジブン手帳にあらかじめ用意されているいろんなページが魅力的だったのと、やっぱり「LIFE」を使いたいという理由もありました。落ち着いた色のBizにしなかったのは、なぜでしょう。恐らく、また同じものを買い直したくなかったからというのと、あとは「LIFE」を持ち歩くなら、やっぱりスタンダードの方が収まりがいいかなと思ったからでしょう。

以上が、私の2018年の手帳にまつわる迷走の記録です。なんとか2018年に間に合いました。これで終わるといいのですが。

この派手な手帳みたいな、楽しい1年にしたいと思っております。